ホーム > 水素濃度計・水素検知器 (H2)

水素ガス検知器 Gasman-H2 (データロガー機能内蔵)


水素ガス検知器 Gasman-H2 (データロガー機能内蔵)
販売価格(税抜):
135,000
水素ガス検知器Gasman-H2 は、水素ガスを簡単に検知することができる超小型コンパクトタイプの水素漏洩検知器です。2段階のガス濃度のアラーム設定により水素ガスの濃度がアラーム濃度を超過すると、大きなアラーム音とフラッシュライトの点滅、バイブレーションでアラームをお知らせします。Gasman-H2 は厳しい環境下でも水素ガス濃度を検知できるよう、本体は防水構造IP 65(暴噴流型)と耐ショック構造です。

Gasman-H2 は使い捨てリチウムイオン乾電池又は充電式リチウムイオン電池で作動します。使い捨てリチウムイオン電池の場合、電池寿命が非常に長く一回の電池交換で約7〜12ケ月の連続使用が可能です。連続して水素ガス濃度を長期間モニタリングするために、54000メモリーのデータロガーとRS232C出力をオプションで取付け、専用の解析ソフトとインターフェイスを使用して測定データをパソコンにダウンロードできます。Gasman-H2 は自動ゼロ校正機能付きです。

Gasman-H2 には0〜2000 ppmの低濃度水素検知用と0〜100 %LEL (100 %LEL=爆発最小限界値=4 %水素濃度)の高濃度水素検知用の2機種があります。

水素ガスは分子量が小さいためにガス粘性(mPas)が非常に低く、容易に配管やバルブ等からリークが発生する可能性があります。水素ガスリークのある場所では水素ガスの濃度により引火・爆発の危険性があります。水素ガスを取扱う場所での安全作業のために、水素ガス検知器Gasman-H2 のご使用をお勧めします。

Gasman-H2 はISO 9001認定メーカーの検査校正証明書付きでお届けします。

用途:燃料電池の開発、水素ステーション、次世代燃料、燃料電池自動車、乾電池製造工程管理、化学合成、超伝導研究等多種
仕様
検知範囲  0〜2000 ppm(水素)又は
 0〜100 %LEL
機能  指定濃度アラーム2点
 自動ゼロ校正、ピーク表示
 電池消耗表示アラーム等
分解能  1 ppm又は
 1 %LEL
アラーム再現性  ±2% FDS (6ケ月)
 センサー  エレクトロケミカル 使用電池  リチウム乾電池 CR 2477又は
 充電式リチウム電池
センサー寿命  約2年 電池寿命  7〜12ケ月(リチウム電池 CR 2477)
使用環境  温度:-20〜+55℃
 湿度:0〜99%
防爆構造  ヨーロッパ:
 ATEX II 1G EEx ia IIC T4
 (Tamb -20〜+65℃) 酸素・有毒ガス
 ATEX II 2G EEx iad IIC T4
 (Tamb -20〜+65℃) 可燃性ガス
 USA/カナダ:
 Class 1 Groups A, B, C, D Division 1
サイズ・重量  90(h) x 48(w) x 24(d)mm

 約80g
付属品  操作マニュアル、ベルトクリップ付
 検査・校正証明書