ホーム > 温度ロガー

無線式ワクチン保管温度管理用データロガー VFC2000


NEW
販売価格(税抜):
100,000
ワクチン保管温度管理用ワイヤレス温度ロガー VFC2000 では、実際のワクチン温度を測定できるように、センサーはグリコールが入っているボトル内に挿入されています。VFC2000は1秒〜24時間の間で指定した測定間隔で測定中の温度をパソコンにリアルタイムで転送し、同時に本体内部メモリーに温度データを測定日時とともに保存します。これにより、無線通信が途切れた場合でも、測定データを読み出すことが可能です。データは、Windows対応の日本語版解析ソフトにより、時間/グラフ並びに時間/数値表で見ることができ、また、必要に応じてExcel形式で保存するもできます。

システムは、1チャンネルバンドに付き最高64台のMadgeTech社ワイヤレスデータロガーを接続することができます。無線通信距離は、室内で直線で150 m、屋外では直線で600m。もし、通信距離中に障害物がある場合や通信距離を延ばす場合は、途中に中継機を設置することで対応することができます。各ワイヤレスデータロガーごとにアラーム値も設定でき、測定中の数値が指定したアラーム値を超過又は下回った場合、無線接続しているパソコン画面にアラームを表示し、同時に指定した担当者のモバイル携帯やパソコンにメールにてアラームが発生したことをお知らせする機能付です。

MadgeTech社は無線式データロガーのための無料のクラウドサービスを提供しており、クラウドサービスを利用することにより、インターネットの環境がある場所であれば、世界中のどこにいても測定中のデータをモバイル携帯等で見ることも可能です。MadgeTech社では、パソコンと無線中継器との接続によるクラウドサービスとは別に、Cloud Relay Hab (クラウドリレーハブ)があります。Cloud Relay Habは直接、インターネット回線に接続しますので、パソコンの必要はありません。

<本体の特徴>
● CDC (アメリカ疾病予防管理センター)のワクチン用温度データロガーに適合
● 内部温度と熱電対外部温度の2チャンネル
● 内部温度範囲: -20 ℃〜+60 ℃
● 外部温度範囲: -65 ℃〜+40 ℃(K-Type)
● 測定間隔: 1秒〜24時間に1回で自在
● 分解能: 0.1 ℃
● メモリー数 16,128メモリー/チャンネル
● 測定中の最高/最低/平均温度を表示
● 電池の状態を表示
● 3年と長い電池寿命 (皆様で電池交換可能)
● 指定したアラーム温度でアラーム音作動
● アラーム発生の場合は予め指定した担当者に電子メールを自動送信
● 総務省の技術基準適合証明書を取得済み
● NIST校正証明書付き

用途
● ワクチン保管温度管理
● ワクチン保管用冷凍・冷蔵庫の温度管理
● 医薬品の保管温度管理等多種
仕様
内部チャンネル  温度:-20〜+80℃    分解能:0.1℃
 精度:±0.5℃ (0〜55℃範囲)
外部チャンネル  温度:-65〜+40℃    分解能:0.1℃
(K-タイプ:精度±0.5℃, 分解能0.1℃)
冷接点補正  内部チャンネルにより自動補正
メモリー数  16,128メモリー/チャンネル
測定間隔  1秒から24時間に1回自在選択 電池寿命  約 3 年(1分間隔の場合)
使用電池  9Vリチウム電池(電池交換可能) 使用環境  温度:-20〜+60℃
 湿度:95%RH以下(結露無きこと)
本体材質  ABS樹脂
サイズ・重量  本体:88.9 mm x 82.6 mm x 24.1 mm
 重量:約115 g
解析ソフト
対応OS
 Windows 7, 8, 10 付属品  校正証明書,操作マニュアル
 グリコールボトル,熱電対センサー