ホーム > 膜厚計

膜厚計 DT-156 (デュアルタイプ)


販売価格(税抜):
50,000
膜厚計 DT-156 は、デュアルタイプのため、磁性金属 (鉄・鋼・フェライト系ステンレス) と非磁性金属 (アルミ・アルミ合金・銅・オーステナイト系ステンレス) 上の各種コーティングの被膜厚を測定できます。

膜厚計 DT-156 はプローブを測定面にあて、プローブをスライドさせての連続測定モードも使用できます。この機能により、一定場所の膜厚値の誤差を簡単に判別できます。

測定データは本体内部のメモリーに4グループ(1グループ:80測定データ保存) に分け保存でき、本体に付属の解析ソフトとUSBケーブルを使用して簡単に測定データをパソコンにダウンロードすることができます。
ダウンロードしたデータは測定データヒストグラム(度数分布図) とグラフで表示します。測定データの平均値、最高・最低値、標準偏差を自動計算し表示します。測定データはテキスト形式とExcel形式で保存できます。

用途:車やオートバイの塗装厚や被膜検査、亜鉛、銅、クローム、スズのメッキ厚測定、樹脂、ゴム、ホーロー等のライニング厚測定、鉄素地の酸化膜、溶射膜測定、アルミ製品、ステンレス製タンク等の塗装検査、アルミ製品、アルミサッシ等のアルマイト測定等
パンフレットダウンロード
仕様
プローブ  F (電磁式)  N (渦電流式) 測定範囲  0〜1250μm
測定精度  0〜850μm: (±3%+1μm)
 850μm〜1250μm: (±5%)
 0〜850μm: (±3%+1.5μm)
 850μm〜1250μm: (±5%)
分解能  0〜50μm: 0.1μm
 50〜850μm: 1μm
 850〜1250μm: 0.01mm
最小面積  10 x 10 mm
最小素材厚  0.5 mm  0.3 mm 使用環境  温度: 0〜40℃
 湿度: 20〜90%RH
         (結露なきこと)
最小湾曲半径  ( 凸面 )5 mm サイズ・重量  113.5 x 54 x 27 mm
 約 110 g
セット内容  校正用標準フォイル(50, 96, 101, 250, 500, 997 μm)、
 鉄とアルミ素材の標準板、解析ソフトCD、USBケーブル、
 単4電池 2本、操作マニュアル、キャリングケース
電源  1.5 V単4電池2個