ホーム > 電流ロガー

無線式直流電流データロガー RFCURRENT2000A (校正証明書付)


NEW
販売価格(税抜):
70,000
電流ロガーRFCURRENT2000A は、32,256メモリーを有する直流電流データロガーです。RFCURRENT2000Aは1秒〜24時間の間で指定した測定間隔で測定中の電流データをワイヤレス(無線)でパソコンに転送し、同時に本体内部メモリーに電流データを測定日時とともに保存します。これにより、無線通信が途切れた場合でも、本体からデータを読み出すことが可能です。データは、Windows対応の日本語版解析ソフトにより、時間/グラフ並びに時間/数値表で見ることができ、また、必要に応じてExcel形式で保存するもできます。

圧力センサー、流量センサー、照度センサー、風速センサー、ガスセンサー等の各種の機種から得られた直流電流データは、解析ソフトの工学単位変換機能により、圧力、流量、照度、風速、ガス濃度等に簡単に変更することも可能です。

システムは、1チャンネル・バンドに付き最高64台のMadgeTech社ワイヤレスデータロガーを接続することができます。無線通信距離は、室内で直線で150 m、屋外では直線で600mとなります。もし、通信距離中に障害物がある場合や通信距離を延ばす場合は、途中に中継機を設置することで対応することが可能です。各ワイヤレスデータロガーごとにアラーム値も設定でき、測定中の数値が指定したアラーム値を超過又は下回った場合、無線接続しているパソコン画面にアラームを表示し、同時に指定した担当者のモバイル携帯やパソコンにメールにてアラームが発生したことをお知らせする機能付です。

なお、本機は総務省の技術基準適合証明書を取得しており、電波法には抵触致しませんので、安心してご使用いただけます。トレーサビリティのあるNIST (電流:2点) 校正証明書付でお届けします。

MadgeTech社は無線式データロガーのための無料のクラウドサービスを提供しており、クラウドサービスを利用することにより、インターネットの環境がある場所であれば、世界中のどこにいても測定中のデータをモバイル携帯等で見ることも可能です。MadgeTech社では、パソコンと無線中継器との接続によるクラウドサービスとは別に、Cloud Relay Hab (クラウドリレーハブ)があります。Cloud Relay Habは直接、インターネット回線に接続しますので、パソコンの必要はありません。

本体の特徴
● 測定間隔: 1秒〜24時間に1回で自在
● 高精度な直流電流測定に対応
● メモリー数 32,256と膨大
● 測定中の最高/最低/平均電流を表示
● 電池の状態を表示
● 4年と長い電池寿命 (皆様で電池交換可能)
● 指定したアラーム電流でアラーム音作動
● アラーム発生の場合は予め指定した担当者に電子メールを自動送信
● 総務省の技術基準適合証明書を取得済み
● NIST校正証明書にも対応可能

用途
● 低電流モニタリング
● 電池の研究開発
● 電源供給モニタリング
● プラントのモニタリング
● 研究開発
● 一般的な電流の記録等多種
パンフレットダウンロード
仕様
測定範囲  20 mAタイプ(-2〜+30 mA)
 160 mAタイプ: (±160 mA)
 3 Aタイプ : (±3 A)
メモリー数  32,256
分解能  20 mAタイプ: 0.0005 mA
 2.5Vタイプ: 0.005 mA
 15Vタイプ : 0.0001 A
測定間隔  1秒に1回から24時間に1回 の間で自在選択
 精度  20 mAタイプ:±0.0025 mA
 160 mAタイプ: ±0.01 mA
 3 Aタイプ : ±0.0001 A
測定開始モード  ・すぐに開始
 ・指定日時での遅延スタート
アラーム表示  最高・最低・平均値表示並びに
 しきい値での電子音とメール送信機能
使用電池
電池寿命
 9Vリチウム電池(電池交換ユーザで可能)
 15分間隔連続計測 で 約4年
使用環境  温度 -20〜+60℃
 湿度 0〜95%RH(結露なきこと)
サイズ・重量  88.9 mm x 80.9 mm x 24.1 mm / 約 116 g
本体材質  ABS樹脂製 付属品  操作マニュアル
 校正証明書